pinwheel-123571__340 (1)

誰かにとって有用品に不用品回収を考えましょう

経済的に豊かになった日本では、製造業のたゆまない努力もあり、美しく便利な品物が手軽に入手できるようになりました。

事実それらの商品は、単に便利というだけではなく、生活に彩を添えるものでもあったのです。

生活を豊かで快適に、そうして美しく、年代により世代により家庭環境によって必要な品物は変化をしてきます。

半世紀前の不用品回収は、本当に使い込まれ、ほとんど壊れてしまった品物が多く目に留まりました。

でも経済的な豊かさと、製造者の努力で、現代の品物は年月を経てもその美しさや堅牢さを保っているものが多くなってきたのです。
愛情をもって使用してきたものを、廃棄処分にしてしまうのには余りにも勿体ないと思うのも、人間の情というものでしょう。

そんためか近年問題になっているのが《実家の片づけ・整理》ということです。

親世代が営々とため込んだ大切な品々を、どのように処分するかということが大きな問題になってきました。

そんな思い入れの深い品々を《不用品回収》にまわそう、と言ってしまうのは少し抵抗が有るのかもしれません。
世田谷区の不用品回収はこちらです。

親世代にとっては、自分の来し方まで軽い否定をされたようにも感じることでしょう。
自分にとっては不用品であっても、ほかの誰かにとっては本当にありがたい品物、とくに現代の日本で販売されているキチンとした作りの商品は長く使用しても差し支えないのです。
若者にはあまり抵抗感のない《不用品回収》を、問題となっている親世代が納得し、自分も他人も、もしかしたら外国の方たちも、そうして何よりも大切な品物が再びの使命に輝けるのだということを認識してほしいものです。
不用品回収は、自分にとって大切な品物が他の誰かにも、大切に愛される品物になる入り口なのですから。