plant-158798__340 (1)

自治体での処分が困難な際は地域の不用品回収許可業者

一般家庭から出る粗大ごみに関しては、各地方自治体にその処理責任があり、通常指定された収集所への持ち込み又は担当窓口への連絡により回収依頼することで処分できます。

そして、実際の自治体回収では、エアコンや冷蔵庫などのリサイクル法対象商品や引火性のある廃油、バイクなど取扱わない品目があり、また回収を行う品目の中でもサイズや量等により手数料が定めれています。更に出し方のルールは各自治体によってまちまちで、一度に出す分量制限など設けるところもあります。杉並区の不用品回収に関する情報を紹介するサイトです。

その背景には、処理責任の所在の他処理能力自体が地方自治体によって異なり、また限界があることによります。

その為、各地方自治体では、その処理能力を補う為民間の業者に対して市町村長により一般廃棄物収集運搬業の許可を行っています。この許可は、各市町村長の裁量より判断され、その要件では特に当該地域に店舗を構えることが大きな点となっています。このことから、家庭から出る粗大ごみを処分する場合には、原則各自治体のルールに従うことになりますが、これが困難な場合には地域内で許可を得た不用品回収業者に依頼することが適切な処分方法となります。

そして、各地方自治体側でもその地域内で許可した不用品回収業者を紹介しているところもあります。

また、これらの不用品回収業者では、自治体の回収能力を補うサービスを提供しており、例えば自宅への回収はもちろん屋内からの搬出や日時指定、またリサイクル法対象商品など自治体では扱わない品目も回収しており、更に無料である場合もあれば事前見積も依頼できるところが多くなっています。